消費者金融からお金を借りることに抵抗がある方もいるでしょう。それより銀行のカードローンの方が金利も低いですし、銀行というだけで安心感があります。実際、消費者金融の金利は約18%というところが多いですが、銀行のカードローンは高くても14%台です。

同じお金を借りるなら、なるべく返済する額を少なくしたいと考えるのは当然ですから、この点だけでも消費者金融ではなく銀行を選びたくなってしまいます。ただ、銀行のカードローンは消費者金融より審査がずっと厳しいですし、最近の傾向を考えると、金利の数%の差だけでは必ずしも銀行のカードローンが良いとも言えなくなってきました。

銀行カードローンのデメリット

まず、銀行のカードローンは利用できるまでに時間がかかります。2018年以降、当局の要請によりどの銀行でもローンの審査に時間がかかるようになりました。以前は低金利で手軽に利用できることで人気でしたが、銀行の貸し過ぎが問題になったこともあって、審査を厳格化することが決まったからです。

そのため、「今日中に何とかお金を手に入れたい」という時には利用できません。多少時間がかかってもよい場合でも、審査に通るかどうか不安な時は気軽に申し込まない方がよいでしょう。審査に落ちるとその記録が信用情報に残ってしまいます。審査に何度も落ちていると、「申し込みブラック」といって、それだけでどこの金融業者にも警戒されてしまうので、一か八かで申し込むのはおすすめできません。

消費者金融の無利息期間サービス

消費者金融は銀行カードローンより金利が高いと言っても、使い方によっては銀行以上にお得な利用が可能です。大手の消費者金融には、だいたいどこも無利息期間サービスがあります。

これは、100万円未満などの少額の借入に対し、30日間など一定期間利息なしでお金が借りられるというサービスです。翌月に確実に返済できる見込みがあるなら、消費者金融のこのサービスほどお得にお金を借りられる方法はないと言ってよいでしょう。

低金利の銀行カードローン

それでも銀行カードローンがよいという方には、金利が低いことで有名な三菱UFJ銀行の「バンクイック」をおすすめします。

金利は年1.8~14.6%と消費者金融と比べてずっと低く、保証会社にアコムが付いているので、大手消費者金融の審査に通る人なら利用できる可能性が高いです。ただし、安定した収入が重視されるので、無職の方や学生の方は申し込まない方がよいでしょう。

このページの先頭へ