カードローン申し込み時に必要となる書類は?

カードローンの申し込み時に必要な書類は、本人確認書類と、所得証明をする書類です。本人確認書類は必ず必要になりますが、申込金額によっては所得証明の書類は不要である場合もあります。目安としては、50万円以上の借り入れを申し込む場合は、所得証明書類を求められることが多いようですが、対応は各社によって異なるので一概には言えません。

本人確認書類とは

本人確認書類とは、いわゆる身分証明書となるものです。なりすましなどによって別人がお金を借りることを避けるために、基本的には顔写真入りの書類を求められます。

免許証やパスポートなどがあれば問題ありませんが、取得していない場合は金融業者によって認める種類が違うので調べておいたほうがよいでしょう。健康保険証のみでよい場合もあれば、住民票も必要になることもあります。住民基本台帳カードも基本的には身分証明書になりますが、マイナンバーは知らせる必要はないので隠しておいたほうが無難です。

収入証明書類とは

50万円を超える借り入れや、他社からの借り入れもある程度ある場合などは、返済能力を確認するために所得証明書を求められることもあります。

所得証明書は、給与明細書や源泉徴収票、納税証明書、確定申告書、住民税決定通知書などがありますが、これも金融業者によって認めているものと認めていないものがあるので、事前に確認しておきましょう。納税証明書や住民税決定通知書などは、市町村役場で取り寄せることが可能です。

このページの先頭へ