消費者金融に返せなくてもそのままにはしない

返済予定日なのに、返済するお金がない、というときはどうしたらよいのでしょう。その場合は、必ず自分から消費者金融に連絡をして、入金が遅れるということ、いつまでに入金できそうかということをきちんと伝えましょう。

無断で返済が遅れるのは、信用がなくなってしまいますし、遅れた期間によっては信用情報に事故情報として記載されてしまいます。

返済計画の見直しを

どうしても臨時の出費があってお金が足りなくなった、という場合なら、翌月からの返済は問題ないでしょうが、リストラで給与が減って翌月からも返済が難しくなった、という場合は、今後長期的に返済が難しくなりそうだという場合は、正直にそれを伝えて業者に相談するのが一番です。

業者ももちろん返済してくれないと困りますから、返済計画を見直してでも、最終的に完済できるように考えてくれることが多いです。たとえば、返済期間はのびるけれども月々の返済金額を減らすという方法もあるでしょう。

返済期間が延びると、返済総額は大きくなってしまいますが、月々の返済は楽になります。

何度も繰り返しということであれば相談してもダメで遅延により一括返済を迫られるケースもないではありませんが、これまできちんと返済していて、やむを得ない理由で返済が今後滞りそう、というのであれば、返済計画の見直しができることも大切です。いずれにしても、逃げたりそのままにしたりせずに、金融業者に正直に状況を伝えるようにしましょう。

このページの先頭へ